【インビジブル】4話ネタバレと感想、視聴率は6.4%!キリコが安野を殺しを依頼した?その理由は?

【インビジブル】4話ネタバレと感想、視聴率は?

【インビジブル】4話が5月6日に放送されました。

【インビジブル公式ページ】

 

インビジブルの見逃し配信はParavi

TBSドラマ「インビジブル」をリアルタイムで見逃したとしても放送後にParaviで配信されます。

Paraviは2週間の無料トライアル期間がありその間は、TBSの過去ドラマが見放題。

\ドラマが豊富で、見たいドラマが必ずある/

Paravi(パラビ)まずは2週間無料体験、今すぐ無料でお試し

無料で2週間見放題がおすすめポイント

もちろん、インビジブルも観れます。

なので、例え見逃してしまったとしても大丈夫!

 

 

TBS金曜ドラマ【インビジブル】4話ネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【インビジブル】4話のネタバレ

志村(高橋一生)は安野(平埜生成)の墓参り。

「面倒なことばかり増えていく。今度こそ、お前を殺したヤツのしっぽを掴めるかもしれない」
と報告。

そこに安野の妹の東子(大野いと)が。

 

東子はインビジブル=キリコ(柴咲コウ)のことを聞こうとするが、志村に犬飼(原田泰造)から電話があり聞きそびれる。

このとき、志村は東子からフォーチュンクッキーを貰う。安野は大きな事件があると必ずフォーチュンクッキーを食べていたのだ。

 

志村は犬飼から呼ばれて署に出向くと、捜査三課の大貫課長(松下由樹)がいた。
三課は絵画の盗難事件を扱っている。
大貫は昨夜の盗難事件の捜査を志村に依頼しにきたのだ。

犯人は猿の格好をした3人組。被害者は絵画コレクターのジョウシマナオト。盗まれたの絵画はバッカスの行進。しかし、ジョウシマは被害届を出さないという。絵画はレプリカだと言うのだ。

ここ1か月で同様の事件が3件起きているが、いずれも被害届が出ていない。

大貫は、窃盗団を捕まえて真相を確かめたいのだという。志村に協力を求めているのではなく、インジブルの力を借りたいといいだす。

大貫のとことろに、一課がインビジブルを囲っているというタレコミがあったのだという。大貫に逆らえずに、結局、志村がキリコに情報を求めることに。

志村が民宿に行く。

絵画を盗んだのは窃盗団モンキーズだというキリコ。

さらに、三課にタレコミをしたのがキリコだとわかる。

モンキーズが狙うのは非合法に売買された美術品。夜、電気を消して堂々と盗みを働く。

盗まれた絵画4枚は判明している。

・クレメンス「婦人の憂鬱」
・クローネ「印象・夕暮れ」
・イヴァン「ケシの実」
・フランドル「バッカスの行進」

4枚の共通点は、元の所有者が同じ。アメリカ最大犯罪組織の大物、ニコラスアボット。昨年末、アボットは暗殺されコレクションしていた絵画が闇市場に流れた。
モンキーズは何らかの理由で絵画を集めている。

アボット所有でまだ見つかっていないのが残り1枚。それは、ジャックポールの「ナンバーX」。50億円するという。

通り魔事件

昨夜、公園で通り魔事件が発生。
凶器のナイフが発見された。
志村に連絡があり署に駆け付ける。

 

見つかったナイフは安野の事件と同じ物。

昨夜の被疑者は、シガエミ。帰宅途中に公園で首を切られた。

OL、公園、ナイフ。
安野が殺された時の事件と同じ状況だった。

志村は捜査に行く、と犬飼が止めるのも聞かず歩き出す。

その時「あなたのせいでまた犠牲者を出していいんですか」と言われ志村は足を止める。

猿渡が通り魔事件のサポートするという。

 

志村はキリコに、ナイフが発見されたことを告げる。
同一犯かと訊ねる志村。
モンキーズ、安野の事件、キリコの探し物「この3つは繋がっている」とキリコ。

キリコはモンキーズが狙っている50臆の絵画を手に入れていた。
絵画を警視庁の倉庫に運び、モンキーズをおびき寄せる計画だ。
キリコと志村は絵画の傍にいる。
犬飼と大貫は、その様子を監視カメラで見ている。

 

一方、猿渡は磯ヶ谷(有岡大貴)五十嵐(堀田茜)は目撃者を探している。

キリコと志村がオークション会場に!

倉庫の電気が消えた。

志村が懐中電灯で辺りを照らす。そこに、モンキーズが現れた。

電源を入れる。再び電気が消え、結局、絵画は盗まれた。

これはキリコの計画だった。

キリコは、絵画には発信機を仕込んでおき、わざと盗ませたのだ。

モンキーズを泳がせた理由。

  • モンキーズは盗んだものをミラーズという闇のオークションを通して依頼者に引き渡す。
  • 盗んだ美術品を出品して依頼者に高値で入札させる。
  • ミラーズでは本人が必ず取引する規則がある

キリコがいう、モンキーズはミラーズに現れるから会場に行くという計画を実行することに。

 

女性殺害事件の容疑者が浮上。

武入綾人(鈴之助)。31歳。元暴力団員。

3年前、現場付近のハローワークにいた。

 

志村はタキシードに身を包み、キリコはドレス姿でオークション会場に向かう。
マー君(板垣李光人)もタキシード。

犬飼と大貫も別車で会場に向かう。
会場の外には3課が待機。

 

志村は無線機のついたサングラスは「見つかる」と言われ、キリコの用意したサングラスに取りかえる。志村はキリコの手配で別人として予約してあり、入ることができた。

 

犬飼が呼び掛けるが、無線機は車の中。通じない。

問題の絵画がオークションにかけられる。スタートは40億円。

あと10分で突入予定だが、50億の声がかかり、予定よりはやく終わりそうになる。

そこで志村は「51億」と手をあげる。

 

次いで何者かが「60億」と。

さらに金額はアップし、90億で落札された。

大貫の「突入」の掛け声で、待機していた刑事らが一斉に会場に。

志村は猿のお面をかぶった男を追い捕まえる。

大貫は大喜び。

一方、キリコは絵画を運ぶ男を追う。

「あんたの本当に欲しいものは抜いておいた。あのチップにはアメリカのクリナミルズのリストが入ってた。あんたにはいくら積んでも手に入れたいものだものね」

そう言いながら、男に近づくと腹から血をだし倒れていた。
監視カメラが回っている。

「いい加減、出てきなよ」

とカメラに向かって言うキリコ。

そこに志村が。
カメラに向かって話していたことを問うがキリコは答えない。

武入の身柄が確保されたと聞き、取調室に直行する志村。

「お前がやったのか」

猿渡が取り調べをする。

武入は黙秘を続ける。

キリコが安野殺しの依頼者か?

キリコに武入の写真を見せる。

「こいつが犯人か」

目的は真実を知ることだと言う志村は、キリコのことを分析。

キリコは、モンキーズから絵画を手にいれようとしていた依頼人に目をつけていた。その依頼人が安野殺しに関係している。

本人じゃなければ取引できない会場に来ていたのは本物の依頼にではなかった。空振りだった。

依頼人として来るはずの人間がキリコの目的。

志村は取引を持ち出す。

「お前の目的を俺が一緒に探してやる。必ず捕まえる。だから、お前の知っていることのすべてを話せ」

その時、猿渡から武入が3年前の事件を自供したと電話がある。

見て欲しい物があると動画が送られてくる。

武入は、殺害を依頼した人物は「インビジブル」と答えている。

志村をキリコを睨む。

「説明しろ」

 

【インビジブル】4話の視聴率は?

【インビジブル】4話の視聴率6.4%でした。

前回よりも、0.8%下がりました。

だんだんと、おもしろさがなくなってきたのか?内容が単純に刑事ドラマではなくダークなところがおもしろくないのかもしれませんね。

来週からは、キリコの探しものが何かわかるのかが鍵です。

【インビジブル】4話の感想

 

3年前に安野を殺した人物が、元暴力団員の武入だったのだが依頼したのがキリコだったという事実で4話めが終わりましたが。

 

これに矛盾点というか、なぜ?という疑問点

  • 安野殺しに加わっていた依頼人がキリコ
  • キリコはなぜ、志村に近づいた?
  • 安野は、真面目なのは本当か?何かクリミナルズと関係がある
  • キリコが犯罪を阻止しているのはキリコが嫌いな犯罪者のみ

 

このことから、今回の絵画を盗む依頼をした人物が、キリコが追っている人物だとわかりましたが。

 

安野の通り魔事件との関係性は何なのか?そして、安野自身も何か犯罪に関わり合っているのではないかということ。

 

キリコは、モンキーズ、安野事件、キリコの探し物

この3つがキーワードになるのですが。

どれも接点がないのです・・・・

 

あるとしたら、モンキーズに依頼した人物が持っているものがキリコの探し物で、それを安野も追っていたとうことでしょうか。

 

かなり、こじつけなストーリーになるのですが。

 

キリコが追っている人物も、クリミナルズのボスではないかということで。

 

ボスがキリコと仲違いしたことでキリコの探しているものが原因ではないかということが

 

キリコと、志村、そして、安野事件を繋ぐものでしょう。

 

インビジブル=キリコ

 

ということではないのではないかとも?

 

そうなると、キリコって一体何者なのか?猿渡が安野事件に協力したことって何かすごい不自然なkんじに見えたし・・・

 

ここからは予想なんだけど、

 

猿渡が犯罪そしきのクリミナルズのリーダーであること。安野殺しを依頼したのも猿渡で、

 

キリコは実は、インビジブルという架空の人物を演じているのだが、実は公安警察で猿渡を行動やクリミナルズを解体させようと警察に逆に潜入しているとうこと。

 

安野殺しをしたのは猿渡ではないかということ。

 

猿渡が、志村の安野殺し協力はその事件をキリコに押し付けキリコの存在を志村から離し、安野殺し事件とインビジブルという存在を消すこと。

 

クリミナルズの組織が犯罪を犯すことで、警察の面目を少しでも国民に保つために、クリミナルズと警察は組んでいるということ。

キリコは、その繋がりを断つために動いているのではないかと。

 

そして、マー君の存在は猿渡からキリコの監視として送り込まれた人物なのではないかとも。

 

何も、知らないのは志村なのだが猿渡は志村がいずれクリミナルズと警察の繋がりに気づくと判断して、捜査一家を外して監視しているのではないかというのが予想。

 

 

【インビジブル】4話のまとめ

今回は、インビジブル4話の視聴率と感想とうことをお伝えしました!

 

この記事をまとめると

 

今回は、絵画を盗むモンキーズがクリミナルズとつながっているということ、そして、安野殺し事件の犯人が見つかったのだが依頼したのはインビジブル(キリコ)ではないかということ。キリコは、モンキーズに依頼した人物を追っていること。全く、関係のないところに繋がりが出てくるのではないのかと思う4話でしたが今のところまだわかりません。しかし、猿渡の行動にも何か不自然なところもあるのでもしかすると、キリコの探している人物が猿渡なのか?そんなことに見えた。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました( ^ω^ )

 



 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!