【雨上がり決死隊】解散は宮迫のルーズさ?蛍原徹は待っていたのに。

  • 2021年8月18日
  • 2021年8月18日
  • トレンド
  • 10View
  • 0件

雨上がり決起隊は、復活するんじゃない?

思っていた人も多いはず、お笑い芸人の雨上がり決死隊が解散となりました。

 

宮迫さんはあれだけYouTubeで解散はしたくないと言っていただけにどうしてなんでしょうか。

 

 

今回は『雨上がり決死隊』が解散になった理由を調べてみました。

 

宮迫のルーズさと、目先のお金になる仕事に目が眩んだ

 

吉本を、クビになりどう生活していけばと考えた結果がYouTubeだった宮迫さんてすが。

 

カリスマYouTuberヒカルさんや、芸能人YouTuberのおかげでYouTubeチャンネル『宮迫ですっ!!』は大成功となりました。

 

しかし、それはYouTubeで成功してテレビ業界に復帰したいからとの足掛かりだったんですが。

 

思った以上に大成功して、相方の蛍原さんとの距離が出てきたという理由があります。

 

何度か、復帰に向けての話合いにも宮迫さんが予定が合わないなどのことからのすれ違いがあったらしい?

 

蛍原さんは、ずっと宮迫さんを待っていたに違いないです。

 

宮迫さんがいたから、芸能界に入りコンビを組んでいたのだから感謝しかないと。

 

そんな蛍原さんでも、闇営業からの強行謝罪会見、そしてYouTube。

何がなんだかわからないけど、辛抱強く待っていたと思われますが。

 

宮迫さんの復帰への前向きな気持ちが伝わらなかった行動に蛍原さんのほうから解散話を投げたのでした。

 

宮迫さんのルーズさと自己中なところが、原因で解散となりました。

吉本興行大崎会長の発言でバッサリと復帰が途絶えた

 

2021年2月に、吉本興業の大崎会長が。

 

大崎洋会長が週刊誌の直撃取材に答え、ユーチューブで「吉本に戻りたい人」と紹介した宮迫に対し「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と突き放した。  今春には吉本が所属芸人に対し、宮迫との事実上の〝コラボ禁止〟を通達。ユーチューブでコラボする場合は芸人同士ではなく、きちんと吉本の窓口を通すよう厳命した。

Yahoo!ニュースより引用

 

これは、宮迫さんのYouTubeでも反論してましたよね。

 

かなり、痛いダメージだったんではないでしょうか。

 

吉本芸人にあからさまに絡んでいるところが、先輩後輩という立場を利用したのでは?

 

そして、引退した元大物芸人さんに電話した。

 

YouTubeで、明石家さんまさんの話題。

 

ダウンタウン松本人志さんを思わすような発言。

 

なんだか、テレビ界のタブーを破っていたのではないかと。

 

その全てのことが、大崎会長が言ったことに含まれるていたのではないかバッサリと吉本にはいらない

 

 

コンビ名だけで残して解散になるかもしれない

他にも、松竹芸能を退所したTKOの木下さんも同じ道を、辿るのではないでしょうか。

 

後輩芸人にパワハラで、事務所をクビになったのだけれども。

グループの『TKO』は存続。

お笑い賞レースのキングオブコントに出場するとまで言っていましたね。

雨上がり決死隊の解散を受けて、どんな風になるのでしょうか。

ちなみに、キングオブコントの準々決勝進出者の中には名前はありませんでした。(2021年8月17日現在)

 

 

【まとめ】雨上がり決死隊の解散理由について

雨上がり決死隊の解散で何が変わるのか?

 

特に何も変わらないですよね。

 

蛍原さんも自分で番組を持って活動していますし、宮迫さんもYouTubeや各方面で忙しく活動されています。

 

ただ、残念なのは『雨上がり決死隊』のコンビが見れないだけなんですよね。

 

そんなときは、YouTubeがありますwww

最新情報をチェックしよう!