【閲覧注意】ちゃおホラーがエグいほど怖い、作者はだれ?作品の背景は?『笑顔の世界』

  • 2021年8月20日
  • 2021年8月27日
  • トレンド
  • 17View
  • 0件

少女漫画『ちゃお』web版で掲載された、『笑顔の世界』が怖すぎると話題です。

 

とにかく、怖いという感覚です。

 

読んでみましたが、人の心ない怖さという感じですね。

 

話題とおり、【閲覧注意】漫画でした。

 

 

 

この漫画を作った背景とは?どんなことなのか。作者についても調べてみました。

 

ネタバレありなので注意してくださいね!!

 

『ちゃお』笑顔の世界とは?ネタバレあり

 

主人公: 飢田リカ(小5)

母 : 飢田リカの母で不倫中?

チー太 :リカの愛犬

非川 : リカの同級生(いじめに遭っている)

担任の先生 : リカのクラス担任(生徒からいじめに遭う)

 

 

『笑顔の世界』あらすじ、ネタバレ

 

リカが学校への登校時間に、母親と愛犬チー太の餌がないことで揉めているところから物語はスタートします。

リカの母親は、餌のことなんかよりも、『学力の方が心配』だと!

しかし、母は子供の前であろうが、、?

不倫相手であろうゆーくんに今夜会える〜?なんて言っているような母です。

 

そんなところが、リカは不満に思っている感じですね。それとは別に、リカは学校でも不満を持っています。

それは、、、?

 

学校で、同級生の非川さんが壮絶はいじめに遭っているということ。

 

正義感の強いリカは、いじめが許せません。非川さんに『大丈夫?』と声をかけるリカですが・・・思いもよらぬ返答に困惑します。

 

非川さんは

ごめんんねぇ、生き返ったよ!

 

リカは、なんなの、これ・・?

 

こんなんじゃ、どうしょうもない、先生に相談しなきゃと。先生にいじめをみて見ないフリしないでと懇願しますが。

先生は

だって、いじめは必要悪だろう?

集団生活において、いじめは必ずあるんもの

立場の弱い人は、いじめられるんだよ。

そのいじめにおかげで、不満は解消されるものになるから必要なんだ。

いじめを止める理由はないんだよ

 

これを聞いた、リカは絶句します。

続けて先生は、

 

立場の弱いいじめに遭っている人は公的機関から、証明書が発行されるという。

 

被虐証明書

先生は

この証明書があれば、優先的に手術が受けれる。

脳に電極を埋め込む手術。

 

電極はストレスを感じるたびに、脳を刺激する幸福物質を強制的に分泌させることができる。

 

つまり、どれだけいじめられても笑っていられるんだ。

そう話す先生は、

学年だよりにミスがあったことで、同僚に先生から殴られています。

 

職員室では、他の先生から虐められて笑っていました。

 

先生も、被虐証明書を首から掲げており、そこには施術済との記載されています。

 

まさか、非川さんも・・・・?

 

リカはそんな世界は馬鹿げている、おかしいと学校を飛び出して家に帰るのです。

 

『笑顔の世界』最後のオチは????この作品の背景は?

 

主人公の飢田リカが帰ってからの、ストーリーが気になる人は最後にとんでもないことが起こっていますので

 

自分で確認してください!!!

 

ここからは【閲覧注意】です。

 

ちゃおコミ『笑顔の世界』読み切り 岬かいり

 

『笑顔の世界』の作品背景は?

 

いじめ問題を作品にした背景は、いじめを解決することは不可能なだけに、こんないじめを合法化する方法を漫画の世界で再現することによっていじめを抑制する。

 

いじめは怖いものだ、人はストレスを解消するためにはこんなことをしてはいけないという反面教師的な意味合いもあると感じます。

『笑顔の世界』岬かいり先生とは?

 

今回の読み切り作品の『笑顔の世界』作者である岬かいり先生はどんな人なのでしょうか・・・?

 

調べてみると

岬かいり

山派な人です。

20世紀末ぐらいから少女漫画にどっぷり浸かって育ちました。

 

わかったのは声だけでしたが。

年齢から推測して、30代か、20代後半なのではないでしょうか。

 

少女漫画にハマる年齢は、小学校低学年から3、4年生ぐらいかと思われます。

20世紀末なので、1999年に仮に8歳とすると、現在は29歳になりますよね。

 

これからどんな漫画を描かれるかも注目します。

 

現実的にみれるホラーが1番怖いですし、なんにせよ人が異常であるホラーも怖いですよね。

 

 

『笑顔の世界』口コミまとめ

 

 

 

おそらくこの女の子は、自分は人をいじめたりしない、被虐証明なんてシステムは間違っていると正常な自分を信じて疑っていないけれど、本当は(被虐証明済みの)父親に対して人間の尊厳が失われた扱いをしている、彼女も正常ではないという皮肉的なオチだと思います

え?!ちゃおってフルムーンをさがしてとかピチピチビッチと東京ミュウミュウ乗ってた雑誌ではないですか?こんな怖いの(狂気のほう)も載せてたんですか?

これがちゃおってことが1番ホラーだよ、、、

これがちゃおって知ってめっちゃ高い はぁっ???! って声出たんだが…… この事実が1番ホラー……
なんかのドキュメンタリーで、裕福な白人の女の子が、ゴミを漁ってるストリートチルドレンを見て、『あの子達を将来私は救いたいの!』とか言いながら、家では学校にも行けず、家族とも離れて出稼ぎに来ていた、幼い黒人の家政婦(召使い)を雇ってる話を思い出した。

 

最新情報をチェックしよう!