【山梨の人骨発見】なぜ今頃?地元のボランティアは何度も捜索したとも・・・?

山梨県道志村での行方不明捜査で、3年前の9月21日、家族や友人とキャンプ場を訪れ、友達を追いかけてテントから出た午後3時40分頃に目撃されたのを最後に、行方が分からなくなり

 

山梨県警や消防、自衛隊など延べ約1700人が約2週間にわたって捜したが、発見されなかった。

 

そしtえ、人骨が発見されたことについて

 

 

この記事を読んでわかること。

  • 人骨が見つかって不自然はところは?
  • なぜ、当時見つからなかったのか?
  • 人為的なことで埋められたことは?
最後まで読んでくれると嬉しいです m(._.)m
【関連記事】

 



人骨が、見つかった場所に不自然なところは?

山梨県警幹部らによると、骨などが見つかったかれ沢は、キャンプ場から直線距離で約600メートル離れた山中に位置とのこと。

地元民の話では、山周辺はザイルなしで立ち入るのは難しいほどの急斜面だが、当時、大規模捜索が行われた範囲内にあり、捜索に携わった幹部は

 

「捜せるところはすべて捜した。そんな場所で人骨が見つかるとは思わなかった」

 

という話もあります。

 

道志村キャンプ場付近に住む猟師、首をかしげ「現場までの道は…子供には歩きにくいはず」

 

キャンプ場の周囲は何度も捜した場所で、「今は複雑な思いだ」との話も

なぜ、見つからなかったのか?

大雨などの後には水や土砂がこの沢に流れ込むことがあるといい、肩や腕とみられる骨、運動靴や衣類は、いずれも十数センチほど たいせきした落ち葉や腐葉土の中から見つかったという。

 

人為的はことで埋められたとは?

 

県警は現場の状況から、人為的に埋められた可能性は低いとみているとのこと。

まとめ

 

 

この記事をまとめると

 

・人骨が見つかって不自然はところは?

子供が歩けるところではなく、見つかった場所も転々としているということ

・なぜ、当時見つからなかったのか?
地元で、ボランティアもしている人の話では、当時も何度も捜索した場所なので探していたとしたらショックであると
・人為的なことで埋められたことは?

人為的にとはないとの見解

 

 

 

 



 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!