園田康博政務官の経歴は?原発の汚染水を飲んだ。麻生大臣は飲まないの?

  • 2021年4月13日
  • 2021年4月13日
  • トレンド
  • 55View
  • 0件

こんなニュースが出てました。

 

麻生大臣「飲んでも何ちゅうことない」処理水の海洋放出に理解求める「中国やら韓国やらが海に放出しているのと同じ」

livedoorニュースより引用

 

麻生大臣「飲んでも何ちゅうことない」処理水は大丈夫だ。

一般人でなんの知識もない私ですが、こんなことを言うのならばと思い調べてみました。

 

『原発 浄化水 飲む』とググッてみると意外な人物の名前がヒット!

園田康博政務官が、2011年に浄化された処理水を飲んだという記事。

園田政務官、原発の浄化水飲む 「飲んだら」と言われ

朝日新聞より引用

園田さんって誰!?

こんなことを少し調べてみました。

園田康博政務官の経歴

経歴は?

1967年6月9日 53歳

岐阜県岐阜市生まれ。

岐阜県立羽島北高等学校卒業後、2年間の浪人を経て、日本大学法学部政治経済学科卒業。

日本大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。

 

党政権下では、2010年9月に内閣府大臣政務官(菅改造内閣)に、2012年10月に環境副大臣・内閣府副大臣に就任

このときに、浄化水を飲んだんですね!

その後、2015年6月15日に政界を引退しています。

本当に飲んだのか?というか飲めるの?

当時、こんなやりとりがあった。

東電幹部は「(汚染水は)口に入れても大丈夫」と発言。これに対して、田中氏は「それならば、実際にコップに入れて飲んでもらいたい」と迫った。しかし、東電幹部は「飲料水ではないので……」と渋った。

園田氏は「パフォーマンスということではなく、しっかり飲水させていただく」

記者筆者は「『汚染水をミネラルウォーターにすり替えた』と言われないため、園田政務官が福島第一原発へ行き、そこで汚染水を飲むしかない。我々も同行取材する」

結局、2011年10月31日、園田氏は共同記者会見で「汚染水」とされるものを飲み、フリージャーナリストたちが要求していた福島第一原発現地での飲水と同行取材は実現しなかった。

飲水は記者会見場に記者クラブメディア(新聞、テレビなど)のみを呼んで行われた。

記者会見場に入ると、園田氏が空になったコップを指差し、「飲んだぞ」という表情をした。

こんなやりとりから、

ん?コップの水はミネラルウォーターじゃないのという疑問が?

浄化水を海に流すということは、いずれ私たちの口にも入ることになるでしょう。

本当に今なら、飲んでもさし使えないと思いたいですね。

【まとめ】麻生大臣はもちろん飲めますよね。

麻生さんの発言から、しっかりと飲めるようなパフォーマンスもとってほしいですね。

 

最新情報をチェックしよう!