【文スト】アニメ3期27話、感想&あらすじ、「荒神は今」とアラハバキの正体はだれ?

 

【文スト】アニメが人気すぎて、全話のあらすじと感想を私なりに考察してみます。

 

ポートマフィアと敵対している「GSS」の襲撃にあいますが、中也が簡単に相手を殺してしまいます。

GGSが、ポートマフィアを仲間割れさせるためにしたことなのか!?

その後太宰と中也は、蘭堂に彼が目撃した荒覇吐(アラハバキ)のことを聞きます。

すると蘭堂は、本当に荒覇吐(アラハバキ)はいて、あれは「荒神」だったと

 

ということで、27話の感想などなど

 

文豪ストレイドッグスのアニメ3期第27話をネタバレ無しのあらすじをお伝えします。

しかも、今なら31日間無料ですのでお得です

 

文スト、前回の25話あらすじ、

ヨコハマ租界近くの擂鉢街に“とある人物”が現れたという噂を耳にした、ポートマフィアのボス・森鴎外は、15歳の少年・太宰治に真相究明を命じる。だが、調べを進める太宰に、敵対する組織の一つである「羊」のリーダー・中原中也が襲い掛かった。「お前が調べている“アラハバキ”について、話してもらおうか」と、聞き慣れぬ名を口にする中也。しかし二人は、突然の爆発に巻き込まれ…。その時、太宰が見たのは――黒い爆炎を背に立つ「先代ボス」の姿だった。

 

 

しかも、今なら31日間無料ですのでお得です

 

【文スト】アニメ3期27話のあらすじをわかりやすく解説

27話目のあらすじです。

「羊」の仲間を人質に取られ、太宰と行動を共にする中也。二人は「アラハバキ」による爆発の生存者に聞き込みを行おうとするが、ポートマフィアと敵対する「GSS」の襲撃に遭ってしまう。彼らの向かう先にして、森派に立つ構成員・蘭堂の屋敷をもまた爆破されたことから、全てはポートマフィアを仲間割れさせるための、対立組織による策謀かと思われた。しかし、蘭堂はこう証言し、その推測を覆す。すなわち「あれは、本当に“荒神”だった」と…。

【文スト】アニメ3期27話の感想、「荒神は今」

 

中也はめっちゃ強いですね~~。
彼の強さを強調するシーンが多々ありました。

漫画にあるストーリーでは、芥川とか戦いに強い人たちがたくさん出てくるため、中也も強い人たちのひとりって印象だったのだけど、この十五歳のストーリーでは、主に登場するメンバーの中で、最強なのが中也。

そのせいか、強くてかっこいい!!と思う反面、色々考えてしまうこともありました。
この強さが、彼の弱みになってしまうのかな~とか。

特に思ったのは、ゲームセンターのようなところで、太宰と勝負したシーンですね。

どちらが犯人を糾弾できるか勝負しようと賭けをすることになった太宰と中也。そして中也は、太宰に煽られて、太宰が勝負に勝ったら一生犬になるという約束もさせられ、結果的に負けて犬になることに…

そんな時に、ゲームセンターに羊のメンバーの白瀬と柚杏がやってきます。

 

人質になったのだって、ポートマフィアの拠点の近くに酒を盗みに行ったせいだし。
中也のセリフからすると、今までも行っていて、それを中也に止められていたのにこっそり行っていたという感じですよね。

自分たちは、リーダーである中也の言うことは聞かずに、困った時には助けてくれとか勝ってすぎる!!

中也に怒られたら、言い訳しながらこんなことも言いますよ。

 

太宰が、白瀬と柚杏の前でポートマフィアとの関係をバラしてしまううえに、すぐに森鴎外に電話をして、あっさりと人質を無傷で解放させてしまいます。

人質を解放させたのも、しっかり計算ずくでしょう。
中也の誠実さをわかっていたから、いくら人質が解放されてもう縛られる理由がなくなったとしても、彼なら最後まで約束を守ると…

あとは、敵対しているポートマフィアの仕事をまだ続けると仲間に見せつけることで、羊から中也を切り離そうってしているのもあるのでは?

少し前に、ゲームに勝利して一生犬になるって勝負に勝ちましたからね。犬にするには、敵対する組織のリーダーでは困りますから。

今回の出だしのワンシーンに、中也と太宰の個性がハッキリわかるシーンがありました。それは、襲撃してきたGSSに中也が致命傷を与えたあとのシーン。

苦しいからすぐ楽にしてあげようか?と一見優しそうな口ぶりで拳銃で撃ち殺してあげた太宰。しかし、死んだあとも楽しむかのような怖い顔で撃ち続けていました。

太宰って、やさしそうだったりおちゃらけていそうだったりしながらも、実は冷酷な部分があるんですよ。そして、妙に冷静で素直なところも…

中也が、死んでいるのに撃つなと止めたら、あっさり素直な反応を示していましたからね。もしかしたら、中也の反応を見ようとしたかもしれないし、どんな気持ちで撃ち続けたのかはよくわかりませんね。

ただ思うのは、十五歳の太宰も、冷静に先のことまで計算し、時には冷酷な行動もしていたということです。

一方で中也は、死体だからもう痛みもないのに撃つことを止めたという行動から、根本的には優しい人だということがわかります。敵だから躊躇なく襲うけれど、勝負がつけば無駄な殺し合いはしないというような。そして、敵対するポートマフィアの面々や羊とのやり取りを見ている限り、とても真面目だということがわかります。

 

犯人が蘭堂だってわかったのだけど、その理由が太宰と中也で違うんですよ。

太宰は、蘭堂のちょっとしたミスを指摘してました。
すり鉢状になってしまっている今の土地で、海が見えるはずがないのに、見えると言ってしまったこと。

そして中也は、蘭堂がアラハバキ本体を見たといったことが嘘だったと断言。なぜなら、アラハバキという神は存在するが、蘭堂がその時に見れるわけがないと…

それは、自分がアラハバキだからだと。

 

なるほどーって、乱歩さん並みの推理でしたね。

【文スト】アニメ登場人物を紹介

武装探偵社

中島淳:孤児院から追い出された青年

太宰治:武装探偵社の探偵

国木田独歩:武装探偵社の探偵

谷崎潤一郎 : 武装探偵社の探偵

与謝野晶子 : 武装探偵社の探偵

江戸川乱歩 : 武装探偵社の探偵

宮沢賢治 : 武装探偵社の探偵

泉鏡花 :武装探偵社の探偵

福沢諭吉 : 武装探偵社の社長

谷崎ナオミ : 谷崎の妹、武装探偵社のバイト

ポートマフィア

芥川龍之介 : ポートマフィアの遊撃隊長

樋口一葉 : 芥川の部下(遊撃隊)

広津柳浪 : ポートマフィア『黒蜥蜴』リーダー

梶井基次郎 :ポートマフィアの爆弾魔

泉鏡花 :ポートマフィアの暗殺者(後に武装探偵社に)

中原中也:ポートマフィアの幹部(太宰の元相方)

森鴎外:ポートマフィアのボス

尾崎紅葉 : ポートマフィアの幹部

夢野久作 : ポートマフィアの構成員

坂口安吾 :ポートマフィアの秘密情報部(内務省側のスパイ)

織田作之助 :ポートマフィアの下級構成員(死亡)

ギルド(組合)

フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド:ギルドのリーダー

ルーシー・モード・モンゴメリ:ギルドの構成員

ジョン・スタインベック : ギルドの構成員

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト : ギルドの構成員 

ナサニエル・ホーソーン : ギルドの構成員

マーガレット・ミッシェル : ギルドの構成員

マーク・トウェイン : ギルドの構成員

ハーマン・メルヴィル : ギルドの構成員

エドガー・アラン・ポオ : ギルドの構成員

ルイーザ・メイ・オルコット : ギルドの構成員

内務省異能特殊課
種田山頭火 : 異能特務課長官。「異能開業許可証」を与える権限を持つ
辻村深月 : 異能特務課局長補佐。「特務課を取り仕切る影のボス」
坂口安吾 : 異能特務課参事官補佐

地下盗賊団

フョードル・ドフトエスキー : 地下盗賊団の頭

 

 

無料トライアル実施中!<U-NEXT>こちらで無料試聴できます!!

しかも、今なら31日間無料ですのでお得です

 

【文スト】UーNXETで無料視聴できます

 

この文ストは、U-NEXTで無料で観ることができます。

 

31日間は無料のお試し期間もあります。

 



 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!