【文スト】アニメ1期第8話、あらすじ&感想 夜叉雪とは?太宰はなぜ捕らえられたの?

【文スト】アニメが人気すぎて、全話のあらすじと感想を私なりに考察してみます。

 

青の使徒編が終わり、今回の8話から新キャラが登場し今後の文ストでかなりの主要キャラとなるのですが。

 

私のイチオシでもあります。

 

そして、すこーしだけ太宰治の過去がわかるのでした。

 

ということで、8話の感想などなど

 

文豪ストレイドッグスのアニメ1期第8話をネタバレ無しのあらすじをお伝えします。

 

文スト、前回7話あらすじ。青の使徒は佐々城信子だった

「蒼の使徒」からの大規模な市街地爆破予告。爆弾を解除せねば、武装探偵社は連続失踪事件に続き多数の死者を出し、同時に、さらなる醜聞の炎に包まれるであろう。そんな社の存続とプライドを掛けた戦いのさなか、太宰はといえば、先の廃病院から唯一救出の叶った佐々城信子にご執心の様子。大学で社会心理学を教えている信子は、今回の事件が「蒼き王」に関連しているのではないかと言う。それは、かつて国木田によって追い詰められた末に自爆したテロリストであった。

 

まさかの展開でしたね。

佐々城信子が、青使徒を復活させて亡き恋人の無念を晴らすためのヨコハマ爆発犯だったのは。

 

ポートマフィアも、騙し軍警、そして武装探偵社を、潰そうとしていたのですから。

 

そして、ヨコハマの街で1番重要だったのは武装探偵社なのはなぜか?

 

その、理由が今後のストーリーでわかってくるのでしょう。

 

 

 

しかも、今なら31日間無料ですのでお得です

 

【文スト】アニメ1期第8話あらすじ登場人物を紹介、新キャラ泉鏡花

 

武装探偵社

中島淳:孤児院から追い出された青年

太宰治:武装探偵社の探偵

国木田独歩:武装探偵社の探偵

谷崎潤一郎 : 武装探偵社の探偵

与謝野晶子 :  武装探偵社の探偵

江戸川乱歩  :  武装探偵社の探偵

宮沢賢治 : 武装探偵社の探偵

福沢諭吉 : 武装探偵社の社長

谷崎ナオミ : 谷崎の妹、武装探偵社のバイト

 

ポートマフィア

芥川龍之介 : ポートマフィアの遊撃隊長

樋口一葉 : 芥川の部下(遊撃隊)

広津柳浪 : ポートマフィア『黒蜥蜴』リーダ

梶井基二郎 : ポートマフィアの爆弾魔

泉鏡花 : ポートマフィアの暗殺者(後に武装探偵社に)

森鴎外 : ポートマフィアのボス

8話目のあらすじです。

太宰が行方不明になるが、武装探偵社の社員たちは「いつものこと」と気にも留めない。そんな中、敦は与謝野晶子の買い物に付き合うことになる。しかし、マフィアとは、いつどこで襲ってくるとも知れぬもの。「ただいまより、ささやかな物理学実験を行います」…。列車に鳴り響く謎のアナウンスが、乗客たちを恐怖に陥れた。卑劣なる声の主は、狂気の爆弾魔・梶井基次郎。敦は、車内に仕掛けられた爆弾を探して走りだす。そこへ、一人の少女が現れ…。

しかも、今なら31日間無料ですのでお得です

 

 

【文スト】アニメ1期第8話の感想、夜叉雪とは?中原中也と太宰の関係は?
街中で一人の見知らぬ少女に声を掛けられた太宰はそのまま行方不明になってしまう。

武装探偵社の皆は「いつものこと」と取り合わないが、与謝野の治療から復帰した谷崎だけは気にかける素振りを見せる。

 

 

探偵社の一室から欠伸をしながら出てきた与謝野に街に連れて行かれた敦は、買い物の荷物持ちをさせられる。

 

電車に乗った2人。与謝野は先日のポートマフィア襲撃を受けても、傷一つないきれいな身体のままの敦に心の中で感心していた。

 

そうこうしている内に電車内にアナウンスが流れ、直後爆破音が鳴り響く。

 

アナウンスの主は、敦が首を差し出さないと乗客全員が被害者になる、と脅しをかけてきた。

 

戸惑う敦に対して、与謝野は冷静に犯人を探すように伝えて車両を探索するが、その途中で爆破に巻き込まれる。

 

粉塵の中で与謝野の前に立ちはだかった爆弾魔は、ポートマフィアの構成員・梶井基次郎だった。

 

与謝野を踏みつけながら「死ぬって何?」と軽口を叩いて爆弾を大量に撒き散らす。

 

しかし与謝野は異能力”君死給勿”で自分自身を治療して立ち上がり、梶井に向かって圧倒的な力で攻撃を仕掛けた。

 

 

 

一方、別車両を探索する敦の前に、携帯の声に従って異能力”夜叉白雪”を操る少女・泉鏡花が現れる。

 

鏡花はポートマフィアに拾われた孤児で、スタンドのような能力を繰り出して敦を一瞬にして傷つけ倒れこませた。

泉鏡花の異能力は、携帯の声に従って異能力”夜叉白雪”を操る

 

歴然とした能力の違いを見せつけられて諦めそうになる敦だったが、乗客たちを守ることができれば自分は生きていてもいいことになるのではないか、と考えて立ち向かう。

 

腕だけを虎のものに変化させて夜叉白雪を破った敦に、鏡花は胸に仕込まれた爆弾を見せる。

 

敦はその姿を見て、鏡花が異能力を自分で操れず、今までの暗殺も全て携帯の声のままに従っていることを察する。

 

止まらない爆弾に対してある決意をした鏡花は、爆発で吹きとんでしまった電車の扉の前に立つ。

 

 

 

私は鏡花

これまでに35人殺した

もうこれ以上一人だって殺したくない

 

涙を流しながら自分の意思で電車から飛び出した鏡花。

 

敦は鏡花を追って、川辺に落ちる形で共に一命を取り留めた。

 

鏡花の電話の向こうでは、芥川が溜息をつきながら捕らえた太宰に話しかけていた。

 

泉鏡花が出てきました。やっぱり、かわいいし強い。

 

夜叉雪は戦闘タイプで、これからも文ストの中では戦闘で活躍してくることは間違いない。

 

そして、捕らえられた太宰治はどうなってしまうのか?

 

次回は、太宰との旧友?中原中也とは?どんな関係なの?

 

にしても、文ストに出てくるキャラが全てにおいて萌えるのはなぜ?

さすが、朝霧カフカの世界観。

さすが、春河35の画作。

 

この先どんなストーリーになるのか?

 

この文ストは、U-NEXTで無料で観ることができます。

 

31日間は無料のお試し期間もあります。

 



 

 

 

 

9話につづく

文スト アニメ 夜叉雪 泉鏡花 太宰治
最新情報をチェックしよう!